コンテンツ一覧

気になる婚約指輪の相場

男の人と女の人

一般的な相場とは

世間では婚約指輪の相場は「給料の3か月分」とよく言われています。例えば月収20万円の人は60万円が相場となりますが、これは事実なのでしょうか。確かに月収に応じて婚約指輪の平均購入価格は変わりますが、給料3か月分というのは1970年代にみられたダイヤモンド販売促進のためのキャッチコピーです。よって、婚約指輪=給料3か月分の価格というわけではありません。実は為替、物価、給料平均などを加味しても、昔から婚約指輪の相場はあまり変化していないと言われています。それを踏まえてみると、相場は今も昔もおよそ30万円です。ただし重要なのは月収との釣り合いです。一般的には給料の1ヶ月〜1ヶ月半が相場とされているので、月収20万円なら20万円〜30万円、月収50万円なら50万円〜75万円が目安になります。これは、月収が高ければ高額な婚約指輪を用意するべきというわけではなく、月収が低い男性に必ずしも相場の婚約指輪を求めるべきではないという意味です。中には10万円代や20万円代で婚約指輪を購入するカップルもいるので、二人で相談して決めることが大切でしょう。また、婚約指輪の価値はブランドまたはダイヤモンドです。ブランドとダイヤモンドの両方を重視すると価格は高くなりますが、ブランドにこだわらなければ同レベルのダイヤモンドをノーブランド婚約指輪の方でなら安く購入できます。女性の憧れの指輪でもあるので奮発するのもいいですが、工夫して購入してみましょう。